天然歯を取り戻すためのインプラント治療

東京・千葉・埼玉・茨城でインプラント治療 > インプラントとは

インプラントとは

インプラント治療とは

インプラント治療とは、歯が抜け落ちてしまった部分にインプラント(人工歯根)埋め込み、その上から審美性の高い人工歯を取り付ける治療法です。また、「歯」が本来持つ“噛む力”を大幅に取り戻すことができるため、乳歯・永久歯に次ぐ「第3の歯」として大変注目されています。同じように「第2の永久歯」とも呼ばれます。

インプラントが注目されるもう1つの理由

上記のように、インプラント治療は審美性・機能性の両面に優れた最先端の医療技術ですが、注目されているもう1つの理由として、単なる歯の治療にとどまらないということが挙げられます。生体における歯の重要性への着目については、以下でご説明します。

チタンという選択

インプラント(人工歯根)は、素材として「チタン」という硬質の金属を採用しています。チタンは、生体親和性が極めて高く、歯槽骨(顎骨の骨体部と歯牙を結ぶ骨)としっかり結合して固定される特徴があります。こうした生体との関係こそが「第3の歯」あるいは「第2の永久歯」と呼ばれる本当の理由だと言えそうです。

インプラント治療 5つのメリット

生体親和性と
咀嚼力の回復
インプラントと骨が一体化することで、天然の歯に近いレベルまで噛む力を回復させることができます。ダイレクトな咀嚼感は、入れ歯やブリッジでは得られないものです。
審美性と使用感 違和感や異物感がなく天然歯に近い感覚が手に入ります。食べ物の味を損なわず、発音に影響が出ることもありません。見た目も天然歯とかわらない自然な仕上がりです。
周囲の天然歯に
負担がかからない
入れ歯やブリッジのように、天然歯を削ったりバネをかけたりしないため、周囲の歯に余計な負担をかけません。
顎の骨が痩せない 強い力で物を噛めるようになるため、顎の骨が弱って痩せることはありません。
優れた耐久性 適切なメインテナンスにより長期的に使い続けることができます。当然インプラントは天然歯ではないため、虫歯になることはありません。

インプラントと他の治療との比較

ここでは、補綴(ほてつ)治療の主流だった入れ歯・ブリッジとインプラント治療を比較します。

治療法 メリット デメリット
インプラント
  • 咀嚼時の違和感がない
  • 天然歯に近いレベルの咀嚼力が得られる
  • しっかりと噛めるため、食物の消化に好影響がある
  • 治療のために天然歯を削る必要がない
  • 審美性に優れている
  • 発音に悪影響がない
  • 顎の骨が痩せない
  • 手術が必要になる
  • 全身疾患がある場合は治療できないこともある。
  • 顎の骨の状態によっては治療できないこともある。
  • 保険が適用されない
入れ歯
  • 手術の必要がない
  • 大規模な歯の欠損にも対応できる
  • 保険が適用される (保険外の材質もある。)
  • 固い物を噛む際に苦労する
  • バネをかける歯に負担がかかる。
  • 見た目が良くない
  • 発音に悪影響が出やすい
  • 顎の骨が痩せてしまう
ブリッジ
  • 装着による違和感があまりない
  • 費用をかければ、天然歯同様のキレイな仕上がりになる
  • 材料によって保険が適用される
  • 周囲の天然歯を削らなくてはならない
  • ブリッジを支える歯に負担がかかる
  • 口腔内が不衛生になりやすい
  • 歯が抜けた部分の顎骨が痩せてしまう

インプラントの構造と術前・術後の注意点

インプラントの構造

インプラントは、天然歯に近い審美性と機能性を実現するための構造でできています。一般的には、歯根に相当する「フィクスチャー」、歯冠(歯の部分)に相当する「上部構造」、フィクスチャーと上部構造を連結させる「アバットメント(支台部)」の3つのパーツで構成されています。

※中にはフィクスチャーと上部構造の2パーツだけのインプラントもあります

インプラントの注意点

インプラント治療は手術が必要になりますので、下記の注意点を守り万全な状態で臨みましょう。また術後についても同様に下記の注意点をよく読み、正しく自己管理することが大切です。

手術前の注意点
手術の前日は睡眠を充分にとって体調を整える。
手術後の注意点
  1. (1)手術後24時間は、うがいを避ける。
  2. (2)薬は指示通りに飲むこと。また術後に鎮痛剤を飲んでも痛みが止まない場合は、5時間以上あけて再度 鎮痛剤を飲む。
  3. (3)術後当日は歯磨きを避け、翌日からは腫れや痛みを避けて磨く。
  4. (4)術後は、頬・顎・首などに内出血のアザができることがある。数日で自然に消えるので過剰な心配はしないこと。
  5. (5)術後当日は、シャワー程度にする。その後、2週間程度は、飲酒や喫煙などを控えて体調を整える。
  6. (6)術後24時間は過激な運動を避ける。

※ 術後1~2週間で抜糸となります。

メインテナンスの重要性

インプラント治療後は、定期的なメインテナンスが必要不可欠です。インプラントの周囲に炎症が起きていないか、人工歯(上部構造)がゆるくなっていないか、噛み合わせに問題はないかなどをチェックします。メインテナンスを充分に行わないと、インプラントが脱落して高額な治療費が無駄になってしまうこともあり得ます。手術した歯科医院にて必ずメインテナンスを受けるようお願いします。

地域と患者様をつなぐ大伸会のインプラントコンセプト

ご相談・ご質問などありましたらお気軽にどうぞ お問い合わせはこちら

埼玉県さいたま市・東京・千葉・茨城での大伸会インプラントガイド|大伸会インプラントコンセプト|インプラントとは|
インプラント手術の流れ|スタッフ紹介|東京|埼玉|千葉|茨城|料金表|症例紹介|お問い合わせ|サイトマップ